インターネットバンキングについて

Menu

インターネットバンキングとは

インターネットバンキングとは、インターネット回線を通して振り込みや送金、口座管理など銀行において行うことのできる業務や利用できるサービスを提供するものです。利用者は、インターネット回線につなぐことのできる端末さえあれば基本的にいつでもどこでも銀行機能を利用することができます。実際に行員がいて窓口が設置されているような一般的な店舗は存在しませんので、いわば仮想の銀行店舗とも言えるかもしれません。

インターネットバンキングは、既存の店舗を持つ一般的な銀行等金融機関が、店舗におけるサービス提供とは別の形態として新たに展開したものもあります。またそれとは異なり初めからインターネットバンキング専門で銀行業務を執り行う「新たな形態の銀行」として位置づけられる銀行も存在します。それらはネット銀行と呼ばれています。

インターネットバンキングは、インターネット回線を利用して銀行業務を行うことになりますので、その特徴はなんといってもその取り引きのスピードの速さにあります。また、金融商品や取り引きの詳細について閲覧できる情報の量も優れたものがありますので、インターネットバンキングのサービスは比較的早くから導入されてきました。それは今でこそ定番となったインターネットショッピングよりも早くから広まっていったとも言われています。

インターネットバンキングを利用する際には、自分の口座の情報を閲覧したり管理したりするのは基本的に全てインターネット上のページから行うことになりますので、インターネットバンキングサービスを提供している多くの銀行等金融機関においては通帳を発行していないことがほとんどです。

銀行等金融機関の窓口やATMに赴いて通帳記入をする必要がなく、インターネット上で口座情報をいつでも好きな時間に確認をすることができるのもインターネットバンキングの大きな特徴です。また金利の高さも見逃せません。http://www.agpe-energy.com/?p=13

インターネットというものが世の中に当たり前のように普及している今、インターネットバンキングの需要もますます拡大していくのかもしれません。